初めまして。
アロハミュージックファクトリーというファクトリー名でケーキの製造、販売をしている日下貴博です。

「ケーキ屋さんなのにミュージックファクトリー?!って??」と、皆さん思われるかも知れません。

元々、私は年間平均100本を越えるステージに立つハワイアンミュージシャンでした。日本全国北から南までウクレレ講師としても、東京横浜校を中心に、山形から沖縄まで、11県を走り回る日々を送っておりました。

ステージやイベントが全て中止になってしまったコロナ禍が始まる前までは。

生活様式が様変わりする中、ソーシャルディスタンスを守る為に、少しでも皆さんに癒しとエンターテインメントをお届けしたく、緊急事態宣言がスタートしてから約三か月毎日、無料でInstagramやFacebookで、2020年中にトータル約150本程のライヴ配信をさせていただいきたところ、視聴者の皆さま方からライヴチャージをいただけるようになりました。その返礼として手作りのケーキをお送りする事が始まりでした。

最初は皆さんにただ「美味しい!」と、喜んでいただけることが嬉しく、またコロナ禍でのステイホームも相まって、趣味でケーキを焼いていたのですが有り難いことに口コミが広がり、ライヴチャージの返礼品としてではなく、

「とても美味しかったから友人にも贈りたい。」
「普通に購入したい。」

というような、オーダーが徐々に入るようになったのです。

販売となると、製菓製造許可と食品衛生管理が必要になる事と、せっかくだから、素材にこだわり身体にも良いものを追求して、とことん美味しいケーキを作り、そして自分が作ったケーキを喜んでくれる笑顔を見たい!

そんな気持ちから、正規に「菓子製造業」の許可を取得し、工房をオープンさせるに至りました。

コロナ禍で始めたライヴ配信に対して応援してくれる皆さんの”大きなAlohaの気持ち“に少しでも「お返しがしたい」”Mahalo nui loa”と焼き始めたケーキ。

「アロハミュージックファクトリー」の”アロハケーキ”のネーミングの由来は支えてくれた皆さんの”アロハの心”に感謝の意と、そしてハワイアンの音楽をこれからも愛する心を込めています。

日下貴博